【トップインタビュー】アフターマーケットの未来を見据えてUSTMamiyaのトップが新ブランドAUGAを語る。「私たちは工房様と一緒にAUGAをもう一つの柱に作り上げていきたい!」USTMamiyaは3月に新ブランド「AUGA-オウガ-」を立ち上げました。今回は、USTMamiyaの社長、廣瀬昇弘がインタビュー形式でAUGAを発売するに至った経緯やAUGAに対する思いを語ります。

ゴルフクラブの奥深さや楽しさやを もう一度お客様に

―ATTASというブランドがありながら、なぜAUGAという新ブランドを立ち上げたのですか?
 近年、急激に増えたカスタムシャフトの需要により純粋なリシャフトやアッセンブリークラブを行うお客様が減少しています。また、それによりシャフトそのものの値崩れ感も正直な話し否めません。この現状をメーカーである私達と工房様で積極的に変えて行かなければならないと考えました。リシャフトやアッセンブリークラブでなければ味わえない、ゴルフクラブの奥の深さや、楽しさを、もう一度お客様に伝えるきっかけになる、そんなシャフトが必要ではないかということからアフターマーケット市場の需要を喚起する為にAUGAを立ち上げました。

―どうして工房専用モデルなのですか?
 やはりシャフトに興味のある方はスペックや性能に対しての要望が非常に強い。工房様の持つ豊富な知識と技術力を生かして、丁寧な販売をしていただければ、お客様にも満足して購入していただけるのではないでしょうか。そして私たちはそれに応えることのできるシャフトを作り上げていく。工房様と私たちのポテンシャルを最大限に引き出してお客様に使用して頂きたい。1+1を3にも4にも高めてお客様の満足する1本を作り上げていく。そういった思いからAUGAを工房専用モデルという位置づけにしました。

―インターネットによる販売を控えていただく理由は?
 インターネットで購入したシャフトの塗装を剥いでヘッドに接着剤でくっつける。確かにクラブを作り上げることは容易に出来ますが、それでは、本当の意味でのシャフトの良さが死んでしまいます。お客様と工房様がスペックのチョイスを共に行うのはもちろん組み方、カッティングの仕方、バランスの調整等々を相談しながら行うことで初めて、AUGAのもつポテンシャルが発揮できる。それには対面販売が最も大切だと思っています。
 当たり前のことですが、人それぞれスイングが違うのですから1人1人に合うクラブの組み方も違うはずです。少しの組み方の違いで、全く異なった性能のクラブになる。だからこそシャフトは面白いんだと思います。自分に合う一本を試行錯誤し作り上げるプレタポルテではない、まさにオートクチュールこそリシャフトやアッセンブリークラブの醍醐味だと私は考えております。
 本来、シャフト単体販売は性能も十分発揮できないですし、安全面でもお客様のメリットにはなりません、偽物の問題もある、適正な利益も阻害する、様々な面でのデメリットを感じているのも事実です。

オウガの最大の魅力は「究極の再現性」

―さてAUGAの製品特徴をどのように感じていますか?
 オウガの最大の魅力は「究極の再現性」だと思っています。飛距離性能を極限まで高めるため様々な工夫をしていますが、その飛距離を生み出す秘訣は、再現性の高さにあります。言い換えれば自分の意図した通りにヘッドとシャフトが動くことでありその効果は、

① ヘッドのスイートエリアで球を打てる② 長尺でも振り遅れない③ 方向性が良い④ クセがない(多くの人に合う) などなど多くのメリットにつながります。芯を喰い、長尺でも振り遅れず、方向性も抜群とあれば、究極のシャフトと言っても過言ではないと思っています。

―AUGAの今後の展開は?
 FW・HY・IRON・軽量モデルなど全てのユーザーニーズに応えられるようにラインナップを増やしていきたいと考えています。
 工房専用なら「オウガだ」と言われるようなブランドにして行きたいという夢があります。また基本は2年に1度のモデルチェンジで、市場に求められるシャフト作りを柔軟にしていきたいと考えています。

AUGAシリーズがメーカーのカスタムに入る事はないのですか?
 あくまで工房専用、アッセンブリークラブの為のシャフトなのでありません。カスタムに入るシャフトはATTASブランドのみです。

最後にシャフトメーカーとして、今後どんな取り組みを工房様との間で行いたいですか?
 最適なシャフトをご提案できるUSTMamiyaオリジナルフィッティングシステムのご提案を進めていきたいと考えています。
 このシステムはひとり一人に合ったオウガやその他のシャフトをお客様に提案できるシステムで、私達の強みでもあると同時に、必ずや工房様に強みにつながると信じています。
 また工房様とヘッドメーカー様による合同試打会や出張フィッティング等の販売促進策や積極的にコミュニケーションを取るべく定期的な営業の訪問、要望に対し迅速に対応できるシステム等々、とにかく、より近い関係性を築きあげていきたいと思っておりますので、倍旧のお引き立てをお願いします。
AUGAシャフトイメージ

COLUMN

荒涼とした難攻不落のゴルフコース。ターゲットを見据える鋭い目つきの孤高のライオン。『AUGA–オウガ–』。その名にふさわしい“飛びの最高峰へ”広告ビジュアルを含む一連のプロモーションはAUGAの持つその世界観をアピールしつつ大切に進めてまいります。

AUGAは、そのキーワードである“飛びの最高峰へ”こそがその全ての世界であり、私たちの提供したい品質であり、性能であり、イメージです。製品へのこだわりを表現できるようなプロモーションを展開していきます。
写真右:AUGAのメインビジュアル。
Special Contents一覧へ戻る