鹿又氏が斬る!ATTAS CoooL!

ゴルフ誌や各種メディアで活躍中のカリスマフィッター鹿又芳典氏による本音のATTAS CoooLインプレッション。
ATTAS CoooLはすべてのゴルファーに使えるこれまでの先調子の概念を変えてくれる そんなシャフトかな。― 鹿又芳典

まずは、率直な試打の感想をお願いします!

第一印象は扱いやすい先調子!
中調子のような感覚で振れるシャフト。
実際の挙動は先中だけど、振った時に切り返してからのしなり感がある。
だから、インパクトで力む感じもないし、自然に加速していってインパクトを迎えて、球を捕まえフィニッシュまで導いて行ってくれる。そんなイメージかな。これまでの先調子の概念を変えてくれるシャフトだね。

先調子の概念はどのようなものでしょうか?

市場に出回っている初速が出るシャフトや飛距離重視のシャフトは扱いにくいシャフトが多くて上手く打てた時と打てなかった時の差がすごく激しいんだよね。

そんな中で初速重視の設計なのにATTAS CoooLは扱いにくさを全く感じなかった。
しなり感もしっかりと切り返しで感じることが出来てとても振りやすいシャフトに仕上がっている。
つまり、ATTAS CoooLは、先が動いて飛ぶと言われているシャフトが扱えなかった人たちでも扱いやすくて使えるシャフト。あと、インパクトのずれが非常に起こりにくいから今までの先調子を好んで使っているユーザーに対しても有効なシャフトだね。

実際僕も先調子のシャフトは、手元が先行して行ってしまうから薄くしか当たらなくて苦手だけど、ATTAS CoooLはそういうことがない。

ゴルファーの事を考えた作りこみをしてきてくれたのかな?(笑)

あと、全体のねじれ感が適度にある補正能力も高いから自分で無理にリストを使って球を捕まえようとしなくても自然にシャフトがねじれて戻る動きでいいドローが打てるシャフトだね。

どんなヘッドに合いそうですか?

今の低重心で反発力の高い大型ヘッドに対して適応力が高いんだよね。それは、全体的にシャフトのしなり感を感じられて尚且つ自然に戻って来るから。
ただ、プレイヤーが感じるよりも先がしっかり戻ってきているので使うときにヘッドのロフトに注意して使用するのがポイントかな。
どうしてもロフトが立つ方向にクラブが動きやすいから、ハイロフト系がおススメ。
今まで使用していたロフトよりも少し大きいロフトでATTAS CoooLを使用すると自然に低スピンの高弾道で初速が早く出て、いい結果をもたらしてくれる。
昨今のヘッドは調整機能が付いたものが多いのから自分にとって一番結果が出しやすいロフトを見つけることが容易に出来るし。
全体的に今人気のヘッドと相性がいいと思う。
先調子にありがちな下目に当ってペローンとスピン量が増えることもないから、ヘッドの持ってるスピン性能や、ヘッドパフォーマンスを、きちんと生かしてくれる。
だからヘッドを選ばないで使えるシャフトだと思う。

ATTAS CoooL 今回のデザインはどうですか?

白のシャフトはヘッドスピードが上がるって言われているけど、白って長く見えたり、細くて頼りなく見えたり膨張して見えるからデザインするのが本当に難しいよね。
ATTAS CoooLは手元のプリントを含め締まって見える。
後、白いシャフトはコースに出るとアライメントが取りやすいからコースで使用するだけで二次的な効果が出ると思う。
合わせやすい色なので、いろんなバリエーションのカッコいいクラブが作れるね。

各フレックスの評価はどうですか?

4Rは女性が使いやすい!
女性ゴルファーや37以下のヘッドスピードの人がおススメ。
しなりとねじれによる補正能力飛距離性能が高いからクラブの遠心力を使ってボールを捕まえて飛ばすようなスインガータイプの人には抜群に相性が良いと思う。
4Xと5Xは剛性の高さと振りやすさが出るのでボールコントロールが出来る人で更なる飛距離アップを狙う人がレングスを長くして使うと良いんじゃないかな。今まで5Sを使ってた人が4Xを使ったり6Sを使ってた人が5Xを使った重量を下げてスペックを上げてみると飛距離アップが図れる。40g台50g台は全体的にインパクト重視の人よりもスインガータイプの人が結果出やすいんじゃないかな?60g、70g台については、今、軽量化ブームだけど、軽量化で結果が出る人って実は半数くらい。
振りやすくなったけど打ち辛くなった人も沢山いる。
スイングの再現性が低くなったりインパクトのタイミングが合わなくなったりトップが浅くなったり軽量化のデメリットが出てしまっている人は多いんだよね。
そんなゴルファーはATTAS CoooLで過去に使用していた60g台70g台の重さに戻すといいと思う。安定感と飛距離が出るし、インパクトの再現性を高まることが体感しやすい。ATTAS CoooLなら重くしたことへのストレスも感じないと思う。

最後にATTAS CoooLとはどんなシャフトですか?

シャフトの中の芯があって外装の部分がしっかりねじれて戻ってくるから球に当てやすい。ゴルファーに嫌なイメージを与えない、このしなり感とねじれ感がミソだね。
それによって、スピード感を感じずに、安定感と優しさを感じることが出来る。

だけど結果は飛んでる。+αの初速が出る。計算されたいい意味でのねじれがあるから、全てのゴルファーに薦められる。そんなシャフトかな。
鹿 又 芳 典  Kanomata Yoshinori
「ゴルフショップMAGIC」代表。
豊富なギア知識を持ち、あらゆるゴルファーから絶大な信頼を寄せられているクラブフィッター兼クラフトマン。多くのメディアでクラブ評を展開している。
Follow me
facebook twitter instagram